「申し込みブラック」という言葉をご存じでしょうか?この言葉は、短期間に複数のローンに申し込んで審査に落ちた人のことを指します。申し込みブラックになると、それが原因で新たにカードローンに申し込んでも通らなくなるのです。「審査に落ちたら他社に申し込めばよい」という考えは誤りだということを知っておいてください。

申し込みブラックになる条件

カードローンに申し込むと、その情報が信用情報に記録されます。いつ、どんなローンにどのぐらいの希望金額で申し込んだかが記録され、審査に落ちたとしてもその情報は残ったままです。

また、ローンの申し込みだけでなく、クレジットカードに申し込んだ情報や、携帯電話などを分割払いで購入した情報も記録されます。こうした申し込み情報が短期間に集中していると、申し込みブラックとみなされやすいです。具体的にどのぐらいの期間に何回申し込むとブラックになるのかは各金融業者の判断によりますが、一般的には1カ月に3回以上は危ないと言われています。

申し込みブラックが審査に通らない理由

申し込みブラックとみなされると、なぜローンの審査に通らなくなるのでしょうか。それは自分に当てはめて考えればすぐにわかることです。たとえば、方々から借金を断られた人があなたのところにやって来て、「お金を貸してほしい」と言われたら、その人に快く貸したいと思うでしょうか?

消費者金融でも同じことで、申し込みが多いということはそれだけ何度も審査に落ちてきた人であり、そういう人は返済能力を疑われて当然です。また、他社で審査落ちしたということは、その人にお金を貸せない何らかの事情があったということですから、わざわざ他社が審査で否決した人を引き受けるというのは、大きなリスクを背負うことになってしまいます。

金融業者がお金を貸すのは確実に返済できる人だけですから、その確実性が疑われる要素がある人はなるべく避けたいと考えるものです。

消費者金融では銀行への申し込みはマイナスにならない

申し込みブラックの状態でも、それが銀行カードローンへの申し込みなら、その人が消費者金融に申し込んだ場合、審査でマイナスにならないことが多いです。というのも、銀行の審査の方が消費者金融より総じて厳しいからです。

銀行ではお金を借りられない人が利用するのが消費者金融だと言ってもよいぐらいですので、銀行カードローンの申し込みでブラック状態になっても、消費者金融なら貸してくれることがあります。

※その他、ブラックのカードローン申込みについては以下が参考になります。
ブラック・債務整理中でも即日融資で借りられる?【任意整理・自己破産・多重債務】 - 即日融資Quick
ブラックリストとは? | 債務整理・借金相談は弁護士法人アディーレ法律事務所